チケットレスサービスについて

現在航空会社では、チケットレスサービスというものを実践しているところが増えてきています。
これは格安航空券を利用出来る国内線LCCについても同様で、チケットを予約購入した時の確認番号と予約番号だけでチェックインできると言うサービスです。
格安航空券一括検索サイト等からも利用することが出来、現在注目を集めているサービスです。

一般的に各社で共通しているところは、チケットを国内格安航空券モールなどのインターネットや電話などから予約購入し、入金確認後に確認番号と予約番号とが表示、または渡されます。
それに記載されている番号を、利用する各航空会社のカウンターにて、番号を渡すか、カウンター横に設置してある自動チェックイン機に番号を入力することでチェックインが完了するというものです。
指一本で操作が完了する可能性もあることから、頻繁に飛行機を利用する人には大変便利なサービスだと思います。

予約・購入した航空券の航空会社により、予約番号と確認番号には若干の違いがあり、それぞれの番号の桁数が違うと言われています。
国内線LCCによっては、予約番号だけで良いケースもあり、わずらわしい手続きを簡素化する事を目的としているようです。

ただし、Peachの場合だけは締め切り時間を過ぎると登場出来なくなるので注意が必要になります。
Peachの場合は、出発の25分前までが基本となっているそうで、他の航空会社よりも締切時間が早めに設定されているそうです。
他の航空会社は平均して15分前までとなっていることが多いと思います。
この点においてはPeachを利用する際には最重要ポイントとなると思います。

予約番号と確認番号の入力や受け渡しが完了すると、搭乗口が記載された搭乗券を受け取る事が出来るようになります。
その後の流れは、これまで通りと一緒で、手荷物がある場合は各航空会社の手荷物カウンターへ預け入れ、搭乗券を提示して搭乗口へ進む事になります。
この時点でカウンターへ並ぶ時間が短縮できる可能性があるので、時短にも繋がると思います。

こうしたサービスはペーパーレス化にも繋がると思いますし、せっかく購入した格安航空券を無くしてしまう心配も軽減されてくることと思います。
万一、受け取った予約番号等を忘れてしまった場合には、各航空会社のカウンターで確認を取る事も出来、万一の時にも安心して利用する事が出来ます。
その際には、運転免許証などの身分証明証が必要となりますが、確実に飛行機に乗る事が出来るので安心だと思います。

更新情報