格安航空券について知っておかないと損することまとめました。

- 航空券の取り消しと変更の手数料について

航空券の取り消しと変更の手数料について

格安航空券をせっかく予約購入する事が出来ても、どうしてもやむを得ない理由から、航空券のキャンセルをしなければならない時があると思います。
キャンセルは基本的に有料となり、どこの航空会社でも所定の手数料が必要となります。

大手航空会社では、払い戻し手数料は基本的に、チケット、料金券1枚、または1区間に対し430円の手数料を提示しています。
また、払い戻しではなく、チケットの予約の取り消しを行う場合にも手数料が発生することがあります。

チケットの予約の取り消しにはいくつか種類があります。
予約変更が出来るフライトの場合は、その便の出発前であれば無料で取り消すことが出来ます。
ですが、便が出発してからの取り消しに対しては4000円程の手数料がかかると言われています。
この場合小児料金はおよそ半額の手数料が同様に掛かるとされています。

予約変更が出来ないフライトの予約の場合は、その便の出発前であれば、2000円前後の手数料がかかると言われています。
この場合の手数料は区間や割引サービスの種類によって変動し、場合によっては高額になることもあるそうです。

予約変更が出来ないフライトの便の出発以降の取り消しに対しても同様で、手数料が掛かります。
出発前の取り消しと同様に区間によりその手数料は変動しますが、やはり、手数料がかかることには変わりありません。

座席のクラスによる違いもあります。
普通席以外のクラスでは、基本的には予約変更が出来る事が多いので、その便の出発前であれば予約の変更が可能となっている事が多いようです。
ですが、その便が出発してしまってからでは、やはり手数料が掛かるとされています。
座席のクラスが高いほど取り消し手数料は高くなる傾向があるようです。

このようにチケットの取り消し、変更には手数料が掛かる場合がありますので、出来れば計画的に予約を行い、取り消しや変更が無いようにすることがお勧めだと思います。

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫