LCCのメリット・デメリットとは?

LCC(ローコストキャリア)が登場して久しく、もはや国内旅行での利用は当たり前になってきました。
料金の安さから、出張から国内旅行まで利用するケースが増えています。
そんな身近になったLCCのメリットとデメリットを見ていきたいと思います。

メリット1.料金が安い

大特価、と書かれた文字
LCCのメリットとしてまずあげられるのは、料金の安さです。
現在日本には、格安航空券を利用できる航空会社が数社あります。
それぞれ、料金は似通っており、往復料金で10000~15000という安価な値段で利用できます。
オフシーズンや特別割引を利用すれば、更に料金は安く済みます。
発着本数の都合で、利用できる時間帯に限りはあるものの、夜行バスなどと比べてもリーズナブルな値段で利用できます。 

メリット2.移動速度と移動ルートを柔軟に選べる

また、移動にかかる時間が圧倒的に少なく済み、渋滞などの季節による交通事情に左右されません。
そのため、時間を読みやすく、スケジュール管理に追われるビジネスマンには利点が大きいのです。
また、LCCでは、片道ずつの購入も可能な為、行きと帰りのコースを自由に調整することができます。
そのため、行きは出張で現地に直行し、帰りは別の場所に寄り道するといった柔軟性の高い利用の仕方ができます。 

LCCのデメリットとは?

もちろん、デメリットもあります。
実際に使ってもっとも困るのが、機内荷物預かりが有料であることです。
ビジネスマンが出張でLCCを利用する場合、大型のスーツケースを持ち込む場合もあります。
そんなとき、手荷物が有料だったら、せっかくの格安航空券が意味なくなってしまいます。
あまり大きな手荷物や、重量のかさむ荷物の利用がしづらいのが、LCCの弱点です。
そしてもうひとつのデメリットとして、離発着の遅延が挙げられます。
多くのLCCでは、発着リスクがあることが普通になっています。
30~1時間程度の遅れは覚悟しなくてはなりません。
しかし、その一方で、たとえ遅延していても、到着予定時刻には間に合うことが多く、実質的な遅延はあまり気にならないことも多いのです。
LCCを初めて利用される方は、遅延を気にしがちですが、そこまでのデメリットではありません。

出張・国内旅行にはLCCが便利

LCCは、安い、早い、といったメリットもありますが、持ち込める手荷物の少なさや座席の狭さなどのデメリットがあります。
しかし国内旅行をするなら、夜行バスよりも航空機のほうが移動時間が少なく料金も安く、遥かに利便性が高いです。
夜行バスに一昼夜揺られるよりも、ちょっと狭くてもLCCで2時間程度のほうが、体にも精神にも負担は少ないです。
なによりも、空から見ることができる風景は、なにものにも変えられない感動があります。
国内旅行の際には、格安航空券の利用がオススメです。

関連記事:

    None Found