格安航空券について知っておかないと損することまとめました。

- 変更可能なフライトと変更不可のフライト

変更可能なフライトと変更不可のフライト

格安航空券を利用する際に、一括検索サイト等を利用して調べてみると、変更可能であるフライトと、変更不可であるフライトがあると思います。
この違いはどのようなものなのでしょうか。

通常、航空券の予約方法は、事前の予約と当日の予約などに大きく分かれると思います。
事前の予約の方が、割引が効いて、格安でチケットを予約することができるのですが、その分、変更が出来ないということが多いようです。
ほとんどの場合は、7日以上前の予約に関しては変更が不可であることが多いようです。

割引の種類にもより、事前の予約でも往復割引や1日前の予約割引の場合は、変更が可能なものと、変更不可なものが存在しています。
これは航空会社によって違いがありますので、予約をする時点で確認をすることが必要になると思います。

また、運賃別にも変更が可能か不可能かに分かれる事があります。
前述した通り、早期予約による割引が適用になっている航空券は、変更が不可になることが多いのですが、普通運賃、株主優待を利用したチケットの場合は、変更が可能なことがあります。

普通運賃の場合でも変更が不可な便があるのは、大手航空会社での座席のクラスによるものの違いで、ファーストクラスの場合はほとんどのフライトでも変更が出来ない事が多いようです。
さらにワンランク下のクラスでも変更が出来るフライトと、出来ないフライトがありますので、これも航空会社各社で確認する必要があると思います。

格安航空会社であるLCCの場合はほとんどの座席が普通席であることから、座席のクラスによる変更の可否はほぼないようです。
LCCの場合は、予約形態によるもののみの変更可能と変更不可に分かれているだけの事が多く、変更できるのは普通運賃、往復割引運賃での予約が多いようです。
その他は大手航空会社とほぼそん色なく、変更可能・不可能の条件は大体が同じような状態だと言えます。
念のため、予約の時点で確認を行うことをお勧めします。

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫